下肢静脈瘤を治療した後は予防について学ぼう

病院でしっかり治療

下肢静脈瘤は足の血管が目立つ病気ですが、病院でしっかり治療をすることで完治する病気です。一度なったことがある人は、よく注意して今後も生活をしていった方が良いでしょう。最近では対策用のグッズも販売されているので助かります。

これ以上酷くさせない

無駄にしない

せっかく治療したとしても、また病気を発症させやすい生活をしれば再び同じ病気にかかってしまうかも知れません。
下肢静脈瘤についてはストリッピング術という治療法が行なわれるため、同じ静脈が再び膨らむということはないでしょう。しかし他の部分に同じような症状が出てしまう恐れがあります。今現在静脈瘤がないという人でも、注意して未然に防ぐ取り組みをした方が良いです。

ストッキングを履く

足の血管が目立つようになってしまう病気であるため、スカートを履けなくなる人もいる下肢静脈瘤。手術をした後はスカートを履けるようになりますが、このときストッキングを工夫しましょう。
下肢静脈瘤を防止をするために、足に適度な圧迫を加えることができるストッキングです。病院でも購入することができるので、試してみましょう。

就寝時の工夫

血流は低いところに集まりますので、眠る時には足を10から15センチほど高い状態にすると血流が足に集まりにくくなります。かかとを上げ下げする運動をするのも効果的となっていますので、普段運動をしないという人は生活に取り入れてみましょう。

広告募集中